スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超合金魂 零影&爆竜 レビュー

zero-1.jpg

バンダイから発売された、超合金魂 零影&爆竜です。
ちょっと期待外れだったため、違う方向でレビューに力が入っています…^^;


・零影

DSC03912[1]

DSC03913[1]

良く動きはしますが、どことなく作りが大味です。
プロポーション重視の飛影と比べるとメリハリに欠ける上、面の情報量が乏しく感じます^^;


DSC03919[1]

ですが、ポーズを取らせれば何だかんだで、カッコ良く決まります。


DSC03927[1]

DSC03937[1]

DSC03928[1]

オプション武器も豊富。


DSC03931[1]

差し替えで鎖分銅の射出状態を再現可能。
ちなみに鎖分銅を嵌め後、穴が緩くなりました^^;



・爆竜

DSC03899[1]

DSC03902[1]

シリーズ随一のボリュームで、一通りの関節は動きます。
ただ、可動範囲がもの凄く狭いです。
肘は前腕の爪が干渉して曲がりませんし、足首もほとんど動かないので接地性も悪いです。
正直、素立ちに近い状態でしか飾れません orz


DSC03897[1]

あとショルダーキャノンが小さすぎる気が…



・海魔

DSC03886[1]

DSC03879[1]

胸部には飛影ダミーパーツを使用。
黒獅子付属の飛影を持っていなくても海魔形態を再現できるようになっています。


DSC03875[1]

こちらは黒獅子付属の飛影を収納した状態。
やや小ぶりなため、隙間が目立ちます。


DSC03891[1]

当然ながら、爆竜同様ほとんどポーズを取らせることが出来ません^^;


DSC03890[1]

光波弾発射口。
この取って付けたような展開ギミックが自分の淡い期待にトドメを刺しました orz
塗装すらもされていないただのモールドという…


DSC03908[1]

大きさ比較(中央は超合金魂 黒獅子付属の飛影)。
爆竜もですが、零影もかなり大きいです。
鳳雷凰プロポーション重視の飛影と比べても零影は頭1つ分くらい大きかったです。


自分はソフマップで回収したのですが、8380円(定価で10500円)分の価値は見出せませんでした。
これまで黒獅子、鳳雷凰と買ってきて引っ込みがつかない人意外にはオススメできない出来だと思います。
完成度は決して悪くないんですが、いじればいじるほどガッカリ感が募って行くんですよね^^;
まあ、合金ものですし可動に期待するほうがおかしいと言われればそれまでなのですが…
良くも悪くも堅実すぎる出来で、動かしたり撮影していても全く面白味が得られなかったというのが個人的な感想。

テーマ : ホビー・おもちゃ
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。