スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由雲台を交換してみました

KTS-11.jpg

これまで使用していた自由雲台の耐荷重に物足りなさを覚えたので交換してみました。
今回購入したのはKTS PRO40というもの。
skcさんが販促されていたので、試しに1つ買ってみました。


KTS-7.jpg

現在、携行用として使用しているSLIKスプリントPROⅡというアルミ軽量三脚。
付属の雲台はSPRINT SBH-100DQという自由雲台です。

もともと重い機材を載せることを想定していないため、積載量が1kg超えたあたりからボールが機材を支えきれなくなってきます。
メーカー公称では2kg以下となっていますが、実際の耐荷重はその半分程度。
ボール締め付けレバーを更に締めればもう少しくらい耐えられるのかもしれませんが、締め付けすぎると固定を解く際に固くて苦労します。
またクイックシューがコインネジタイプのため、カメラに取り付ける際にわざわざコインを用意して回すのが面倒でした。
そんな不満を少しでも解消するため、雲台を新調してみました。


KTS-8.jpg

今回購入したKTS PRO40という自由雲台。
製作所直販の製品のため他社の同クラスの製品と比べコストパフォーマンスに優れているそうです。
カラーは6色の中から選べ送料込で6500円、プラス2000円でカラーオーダーも可能となっています。
自分は基本カラーの中から藤色を選んで注文してみました。


KTS-9.jpg

大きさはKTS PRO40のほうが一回り大きいです。


KTS-4.jpg

手早くセッティングが出来るよう、クイックシューも別途購入。
SLIK DQ-20です。


KTS-5.jpg

こちらは、カメラへの取り付けがネジが蝶ネジとなっています。
ちなみに左はSBH-100DQのもの。


KTS PRO40を使ってみた感想ですが、力を入れてボール締め付けネジを回さなくてもしっかりと固定してくれます。
重く大きくなりましたが、その分安定感は増してますね。
少なくとも今持っている機材程度なら安心して載せることができそうです。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。