スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドールショウ31に行ってきました

DS31-10.jpg

前日のドルパ疲れか起きたらお昼近くになっており、午後からまったりと参加。
本気で撮って回るつもりもなかったので、レンズは135mmSTFと予備で50mm MACROを持って行きました。
完全に趣味で選んでいたり。


DS31-2.jpg

会場へ着き、展示卓の一角にボーダーさんを発見。
2日連続でお世話になることに。


DS31-4.jpg

この日は珍しいことに、ささらを連れてきていました。


DS31-9.jpg

前日のドルパでレジンアイを4つほど調達し、アイ交換をしてきたそうです。
パープルからブラウンになったことで、おっとりとした落ち着きのある表情になった気がします^^


DS31-12.jpg

「茶色のアイどうですか?」と薦められましたが、茶系に変えたらまた被る気が…((((^ω^))))
レジンアイのストックもまだあることですし、自分が茶色のアイを導入するのはかなり先のことになりそう。


DS31-3.jpg

DS31-11.jpg

あれ、今日はおっぱいのガードが固い (´ ・ω・`)ショボーン


DS31-13.jpg

まぐろさんの桜乃。
後ろの玉ボケは天井灯によるものなのですが、見事に色が統一されていません^^;
電球と蛍光灯のミックス光なので、都産貿は本当に撮影者泣かせの環境です。


DS31-14.jpg

こういったメイド風の服もいいですよね。
ただ値が張るので自分からは手を出しづらいです…
というわけで、かなめさんのささらをここぞとばかりに撮らせて頂きました^^


DS31-15.jpg

こちらは、赤紫系のアイにデイープグレーのウィッグというチョイス。
自分もこのウィッグの色違いのものを由綺に使用していたりします。
この2日間でけっこうな人数のささらを見てきましたが、やはりアイとウィッグで印象が変わるものですね~


DS31-16.jpg

籠の中にはソウルジェムが入っていました。


DS31-17.jpg

ほそさんのちっちゃなちっちゃな女の子ちぃちちゃん たれみみうさぎVer.
即行完売するのも頷ける可愛さです。


DS31-5.jpg

ななみさんの由綺。
ディーラーブースで135mmのマニュアルフォーカスレンズは取り回しが悪くて苦戦します^^;


DS31-7.jpg

ささらは軽くルージュが引かれていて、大人びた雰囲気を醸し出しています。
発色、光沢感とも綺麗ですね。
自分もチャレンジしたことがあるのですが塗料の選定と調色が難しく、なかなかこう上手くはいきません…
いつかご教授願いたいところです(´Д`;)


DS31-8.jpg

霊夢(アイがゴールドなので最初、魔理沙かと思っていたり)は可愛らしい系統のコーディネイトですね。
ディーラーさんやっているだけあってセンスがいいです。


余談ですが、自分は下がれないという制約があってもこういった場では標準~中望遠域(50mm、85mm、135mm)のレンズ使ってます。
ディーラースペースやお茶会スペースは背景に人物が入ってしまうことがザラにあり、広角域でパンフォーカス気味に撮った場合、顔まで写り込んでしまうという難点が…
後でモザイクをかければいいのですが、画としての美しさが損なわれてしまうため自分は極力かけたくはないんですよね、あと処理するのも面倒ですし^^;

そのため、背景が判別できないレベルまでボケる焦点域を好んで使っていたりします。
下がれなかったり何かと人が多くて通行の妨げになるディーラーブースで撮影しようとすると正直使いものになりませんが、そこのところは割り切って切り捨ててます。
レンズにも得意不得意があるので、無理だと感じたら潔く諦めるのも大切ですよね~

何が言いたいのかというと、「ドール撮るのにもCanonの100mmF2.8ハイブリットLマクロは超オススメですよ!」ということです(ぇ
いや、ちょとばかしCanonユーザの方と見栄えのする写真を撮るにはどうすればいいのか的な話になったので。

自分なんかは、いい写真はいい機材から始まると思っている節がどこかしらあるので、扱いや購入に難があってもついつい高い機材を薦めてしまいます^^;
個々の撮影スタイルや好みの画角、描写傾向があるので一概にどのレンズがいいとは言えませんが、少なくとも高い機材には高いなりの理由があります。
レンズ性能が技術を補ってくれる事も多分にあり、特にこういったライティングに手を出せないような環境下で顕著に性能の差が表れてくるのではないでしょうか。
なので迷ったら重さと予算の許す限り高価なのいっとくのがいいと思いますヽ(`Д´)ノ ヾ(-_-;)オイ

都産貿に限っては、ノンフラッシュだとF4.5、ISO3200で1/60程度しかシャッタースピードが出ないような場所もありました。
絞りを開きたくてもこれ以上開けないという状況に自分は遭っているため、開放F2.8を切るような大口径レンズなんかを用意しておいても無駄にはならないかと。
または天井バウンスが使えそうなので、クリップオンストロボなどを導入するのも手でしょうかね。
少なくとも、ここは秋葉原の廣瀬無線と並んで照明環境が悪く、機材の性能に頼った力技で切り取らないと辛いところがあります…

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。