スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイを交換とメイクをしてみました

2011_5_5-2.jpg

ドールアイの交換をし、パステルによるメイクを少々施してみました。
先日の記事で「メイク無理」と嘆いたためか、親切な方からアドバイスを頂いたり^^
というわけで、そちらを参考に再チャレンジをしてみました。


アイはEnnea:Nineさんのver.11 カラーNo.2 Sサイズを使用。
Fateのイリヤやアイリスフィール、黒桜みたいな感じになるかなと思い購入しておいたものです。
どことなく威圧感のある表情になった印象です。


2011_5_5-1.jpg

パステルはホルベインPANPASTELのオレンジとレッドアイアンオキサイドティントを購入。
何種類かあったのですが、一番発色が鮮やかだったのでこちらの製品を選んでみました。
一個700円近くする割に使用量は微々たるものなので、もの凄く勿体ない買い物した気にもなったり…

ちなみにパステルは粉のため乗りが悪く、定着に難があります。
4番ヘッドをメイクした際にもパステルメイクに挑戦したのですが上手く使いこなせず、結局はラッカー系塗料のブラシ塗りに逃げたという経緯があります。
ただ今回はキャラクターヘッドのため、重ね塗りすると修正の効かなくなるラッカー系塗料はさすがに怖くて使えませんでした^^;
そのため、パステルを乗せた後に水性ホビーカラーでクリアコートという方法を取っています。


2011_5_5-3.jpg

イメージチェンジの結果は、可もなく不可もなくといったところでしょうか。
まず、このアイは少し引いて撮ると光彩パターンが潰れたように写ります。
中央部が白みがかっているせいか虚ろな目をしているように見えるんですよね。

あとは、撮影するとルージュがオレンジ方向へ引っ張られやすいのが悩みもの。
自分の使ってる機材なんかはアンダー気味に撮ると特にその傾向が顕著で、オレンジがかなり色濃く出る気がします。
そのため現像時にチーク部のオレンジやピンクが極力目立たないようガッツリいじってしまう癖があるのですが、今回の件で気になる点が更に増え現像時に迷走する確率がアップ^^;

肉眼で見る分にはいいのですけど、写真写りまで考慮するなるとアイの選定とメイクって難しいものがありますね。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。