スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デスクトップPCを新調しました

2011-7-19-1.jpg

これまでメインPCとして使っていたVAIO type L VGC-LM70Bが壊れたので急遽デスクトップPC周りの機材を新調しました。
もともとVAIOは省スペース化しか考えずに選択したPCかつ、購入して3年以上経っていたので写真編集ソフトを動かすにはかなり厳しかったんですよね^^;
そのためLigtloom 3やPhotoshop CS3が重いこと重いこと…
というわけで、今回のPCは写真編集作業にそれなりに耐えられそうなスペックで構築してみました。

モニター:NEC MultiSync LCD-PA231W-BK
PC:パソコン工房 Amphis BTO MD7100iCi7G TYPE-SR2
キーボード:ELECOM クリスタル ワイヤレスフルキーボード TK-FDP012WH
マウス:SONY VGP-BMS33/S Bluetooth LASER MPOUSE
スピーカー:Logicool Stereo Speakers Z120

PCのスペックは以下の通り。

OS:Windows7 Professional 64ビット
CPU:インテル Core i7 2600
チップセット:インテル P67 Express チップセット
メモリ:Transcend DDR3 1333 Memory Kit 4GB×4 (計16GB)
GPU:GeForce GTX 560 1GB
SSD:120GB SSD INTEL 510
HDD:1TB Serial-ATAⅡ
電源:Antec EARTHWATTS 650W
光学式ドライブ:DVDスーパーマルチドライブ
ケース:クーラーマスター CM 690 Ⅱ Plus RC-692-KKN1

Lightroom 3やPhotoshop CS5をストレスなく動かせるようにと値段を気にせず余裕を持たせて選択していったらこうなりました。
この構成で15万弱。
マウスやドスパラ、ツクモで似たようなスペックで組んでもらうよりも少し高く付いた気もしますが、まあいいかと無理やり自分を納得させたり。
大容量のSSDの値段がだいぶ小慣れてきたとはいえ、まだまだいい値段しますね^^;
また今回は秋葉原の店頭で注文したのですが、その際デフォルトのPCケースからクーラーマスター CM 690 Ⅱ Plusに変えてもらいました。
その分上乗せされた額も地味に効いていたりします。

実際届いたものを見てみたら、注文時にメーカーと型番が明記されていなかったパーツはそこそこのものが使われている様子。
厳密に確認していないので詳細は不明ですが、メモリはTranscend製、マザーボードはMSI製、HDDは日立製を使っているようです。
電源に関しては注文時に600W 80PLUS認証電源と表記されていたのですが、650WのAntec製ものが搭載されていました。


2011-7-19-2.jpg

モニターは当初DELLの安IPS液晶でお茶を濁そうと考えていたのですが、どうせ万単位のお金を出すのならばそこそこのものを買ったほうがいいんじゃないかと思いNECの23型ワイドを購入。
上位モデルに搭載されているAdobe RGB対応の色域やブライトネスフィードバックシステムに特に必要性を感じなかったのでこのモデルにしてます。
とりあえず、TNパネルの視野角の狭さに我慢できなくなった点さえ解消できればよかったので。
使っていてどうしようもなくストレスを感じるようになった時に上のモデルを検討すればいいかなと考えています。

またハードウェアキャリブレーションに対応していたりもしますが、自分はしばらくやるつもりはなかったり…
欲しいと思ってはいるのですが、キャリブレーションセンサーとソフトに値段相応の価値を見出せないんですよね^^;
購入の優先順位が低いため他の機材やソフトを一通り揃え、気が向いた時にでも手を出す予定。


2011-7-19-4.jpg

キーボードとマウスは機能よりもデザイン重視で選択。
SONYのBluetoothレーザーマウスは以前ノートPCで使っていたものなのですが、余りに燃費が悪かったのでお蔵入りとなっていたものです。
勿体無い気がしたのと新たにマウスを買うより安く上がりそうだったので単三のエネループ4本と急速充電器を新調、再利用することにしました。


2011-7-19-3.jpg

キーボードは透明感があってキレイ、かつワイヤレスという理由でこちらの製品を購入。
両方2.4GHzの周波数帯を使って通信してますが、今のところ混線はない様子。
ただ机の左下にPCを置き都合木の板を2枚挟んで通信しているためか、Bluetoothレシーバーの方はPCの背面スロットに挿すと感度が悪くなります^^;

スピーカーはとりあえず音が出ればいいかな程度の気持ちで選択。
こだわると泥沼ですし、こちらに割く予算もないので安く上げました。


とりあえず、ワンフェスまでに現像環境の再構築が間に合ったので一安心。
撮影技術や写真のクオリティが劇的に向上するわけではないところへの投資ですが、少なくとも現像時に長時間待たされたり、PCがフリーズしてストレスが溜まるということはなくなると思います。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。