スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

figma フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st ver. レビュー

本日発売した、figma フェイト・テスタロッサThe MOVIE 1st ver. レビューです。

DSC00437[1]

DSC00439[1]

劇場版からの立体化でデザインが変更され、よりシャープになったバルディッシュが目を引きます。
マントは左右が別パーツとなっておりfigmaジョイントで接合、独立可動します。
そのため腕の可動範囲をやや広げることができます。

DSC00385[1]

DSC00395[1]

DSC00397[1]

DSC00399[1]

DSC00422[1]

DSC00430[1]

サイズフォームの刃のの部分は半透明パーツで再現。
前後に大きくなり、迫力があります。

DSC00432[1]

DSC00405[1]

DSC00409[1]

グレイヴフォームに換装すると槍のようなり、こちらはサイズフォームと打って変わり長大に。

劇中で所狭しと動き回っていただけあり、バルディッシュを持たせてポーズを取らせると、とても映えます^^
塗装もかなり細かく、造形もフェイトらしさが良く出ています。

ただ、ハンドパーツの軸に返しがないため、バルディッシュを持たせると重さに耐えきれず手首がポロポロ取れるのが難点です。
また、マントは台座のアームの軸とボディの間に挟む構造のため、こちらも外れやすくなっています。
トドメに前髪のはまりも緩いという orz
もう少しパーツ同士の接続部分が渋ければ遊びやすかったのですが…^^;

テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。