スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルター シャルロット・デュノア ジャージVer.

CHARLOTTE-1

アルターから発売された、シャルロット・デュノア ジャージVer.のレビューです。

いつもながらの安定感抜群のクオリティなのですが、まず最初に評価したいのはパッケージの大きさだったりします (ノ∀`)
基本アホみたいに箱がデカく、売り場でこれでもかというぐらい自己主張をしているのがお馴染みのアルター製品ですが今回は驚くほどコンパクトにまとまっているんですよね。


CHARLOTTE-2

というのも正面から見るとfigmaのパッケージよりも小さいのですよっ!
厚さもfigmaの箱2つ分とアルター製品とは思えないほど。


CHARLOTTE-4

店頭で遠くからいつもの調子で探してみても目につかないわけですよね~


CHARLOTTE-3

頭部が2種付属する点が共通するアルター 春日野穹と比べるとこんな感じになります。
ギラドーガとデナンゾン並みに大きさが異なっていて並べた自分が驚きました Σ(゚ロ゚;)

さて、前置きというかネタ振りはこれくらいにして肝心のフィギュアのレビューに移ります。



CHARLOTTE-5

CHARLOTTE-6

前後から。
フィギュア本体とクッションの他に交換用の頭部がもう1種付属。


CHARLOTTE-10

CHARLOTTE-9

こちらは笑顔に髪を結った状態の後ろ髪となっています。


CHARLOTTE-11

CHARLOTTE-12

部屋でくつろいでいる雰囲気が良く出ており、自然体の笑顔がとても可愛らしいです^^


CHARLOTTE-7

CHARLOTTE-8

こちらは怒り顔に髪を下した状態の後ろ髪パーツを使用した状態。
鈍感な一夏に対して拗ねている姿を連想させますね。


CHARLOTTE-23

頭部パーツはこのように分解が可能。
髪の毛は前後共にABS製となっていました。


CHARLOTTE-28

顔パーツ後ろ髪パーツの組み合わせにより4パターンの表情が楽しめます。


CHARLOTTE-20

ただ説明書にも書いてあるのですが、頭部の交換を繰り返すと盛大に色移りします^^;
特に、下したほうの後ろ髪を横着して顔パーツに付けたまま抜き差しするとご覧の有様になるので注意が必要です orz
また、怒り顔と首側のピンとのフィッティングにも難がありました。
自分の個体だけかもしれませんが一番奥までピンを差し込めないため怒り顔を使った場合若干ではありますが首が長く見えてしまうんですよね。


CHARLOTTE-13

胸の前で組まれた手。
指の一本一本が細やかに造形されていて、しなやかさが見事に表現されています^^

けど見ようによってはちょっとアレなんですよね。
尻を狙うハンターに見えなくもないなぁなんて失敬なこと考えたわけではありません…よ!?


CHARLOTTE-19

CHARLOTTE-14

腕によって寄せ上げられたおっぱい。


CHARLOTTE-18

そして開けた胸元からのぞく谷間っ!
このチラ見せのさじ加減が絶妙で素晴らしいです d(`・ω・´)


CHARLOTTE-15

CHARLOTTE-16

CHARLOTTE-17

色気なさそうだなぁと思っていたのですが、ジャージ越しでも肉感を感じられるムッチリとした太ももや足裏が案外エロかったです (*´Д`)


CHARLOTTE-21

裏から。
安定感を得るためか、ジャージの裾部分が平面となっていました。


CHARLOTTE-22

クッションの方はお尻の形に沿ってくり抜かれています。
張りや皺のディティールがPVCであることを感じさせないレベルで、本物のクッションかと見紛うほど再現度。
何気にこのフィギュアの中で一番完成度が高いんじゃないかと思ったくらいです。
それくらい良く作り込まれています^^


以上、アルター シャルロット・デュノア ジャージVer.でした。
服装やポーズが大人しいフィギュアって他の見どころを探すため自分なんかはいつもより厳しい目で見ます。
ホラ、水着フィギュアみたいに惜しげもなく晒した肢体を堪能できるわけでも、スカート穿いているフィギュアみたいにパンツ拝めるわけでもないですからね ヽ(`Д´)ノヾ(-_-;) オイ

それはさて置き、こういったシンプルな構成のフィギュアって相当自信がないと出せないと思うのですが期待を裏切らない素晴らしい仕上がりでした^^
この完成度で是非とも他のヒロインをリリースしていってくれると嬉しいんですけどね~
現状、フィギュア化の版権が下りるのかとかそこら辺の事情は一ユーザーの与り知るところではありませんがどうにか頑張って欲しいところです。

テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

No title

こんばんは、初めてコメントさせて頂きます。
自分も横着して色移りさせてしまったクチです;
良個体を引き当てただけに痛いミスでした…(T T )
怒り顔の接触不良についても同様。。
顎が内側に入りすぎる感じでした。

>じゃじゃおさん

コメントどうもです。

以前にもアルター中野梓で同じミスしてるんで気を付けてたつもりなんですけどね…
怒り顔の噛み合わせがあまりにタイトで交換時に力を込めて一気に引っこ抜いたらまたやらかしました^^;

首の接触不良って自分の個体だけではないかったんですね。
組み付けミスによるものか設計ミスによるものか不明ですが、もう少ししっかりして欲しいところです。
カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。