スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

撮影ブースを作成してみました

2012-0522-3

背景を吊るために必要な機材を購入。


2012-0522-4

2012-0522-6

2012-0522-5

2012-0522-7

上から、

・マンフロット 170B ミニポール ×2 (¥15,120)
・マンフロット オートポールレベル ×2 (¥1,574)
・GIN-ICHI スタジオクランプ ×2 (¥6,300)
・GIN-ICHI J-フック (¥2,625)
・Bクリップ ×2 (¥1,008)
・ミニBクリップ ×2 (¥818)

となっています。
大したことないように見えますが揃えるのに28000円程かかっていたり…(((^ω^;)))
撮影機材って高いですよね。


2012-0522-11

これらを組むとこんな感じになります。(景観には突っ込まないでください。)
クロスバーとS字フックはハンズで適当に回収。

今回、気が乗ったのでいろいろ買ってみましたがお蔭で部屋がだんだんとおかしなことになってきました。
写ってはいませんが周りには三脚やRIFAが置いてありレフ板なんかも転がっているため、もはや簡易撮影スタジオに近い状態になっています (ノ∀`)
まあ、使わないないときはポールを取り払っって部屋の隅にひとまとめにして立て掛けてしまえば場所を取らずに済むんですけどね。


・QPCARD 101 (¥2,100)
2012-0522-8

ホワイトバランスを取るためのカードとして購入。
銀一のシルクグレーカードとどちらにするか迷いましたが、こちらのほうが取り回しが良さそうだったのでQPCARDにしてみました。
栞みたいな紙っぺら3枚の癖に2100円もします。


・mt foto グレー25mm (¥850)
2012-0522-9

QPCARDを買ったついでに。
これまで模型用のマスキングテープを仮止めなどに使っていたのですが、いい機会なので専用品に切り替えてみました。


・x-rite i1Dispray Pro (¥24,452)
2012-0522-10

自分の中では買いたくない機材筆頭だったので見て見ぬフリをしていたのですが、ついに観念して購入をしました。

これでモニタをキャリブレーションしてみて大分経ちましたが、キャリブレーション前に比べ目への負担は格段に軽減されたと思います。
以前は全体的に色が暗く感じられたため輝度を70%くらいにして使っていました。
そのせいか、やたら白がギラついていて目が疲れること疲れること^^;
ですがキャリブレーション後は輝度が45%くらいまで落ちたためかなり見やすくなりました。
色の具合も大分良くなり(前は赤味が強かった)、現像時にモニタの癖を加味してパラメータを弄る苦労がなくなったのも嬉しいところ^^

ただモニタの色等を調整するための機材に24,000円出す価値があったかどうかは未だに判断つきません。
いくら今使用しているモニタの色を正しい状態に調整しても、デバイス次第で色なんて簡単に変わって見えてしまいますからね…
まあ、写真編集の手間を省くために買ったとでも思っておきます。

ちなみにここまでの総額は占めて54,847円…(((^ω^;)))
途中から金銭感覚を切って買い物してましたが、振り返ってみるととんでもない額になっていて自分で買っておきながら驚いたり。



環境を変更したためテストを兼ねて撮影。

ASTREA-1

ものはスカイチューブのアストレア 水着ver.です。

クリスカは良かったものの、それ以降の製品の劣化っぷりに泣かされたので当初買うつもりはなかったんですよね。
正直このメーカーのフィギュアを予約購入するのは自殺行為に等しいと言っても過言ではありません。(ホビサの商品画像のところにデコマスと製品の写真が並んで掲載されているのですが見ると過半数が劣化してる気がします。向坂環 メイド嬢ver.なんかは見た瞬間戦慄を覚えました…(((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル)

ですが、らびすけさんや丁daiさんのエロス溢れるおっぱい記事を見て「これは良さそうなので買っても大丈夫だろう!」と判断、一般販売分を回収してきました^^

土台には4mm厚のガラス板を使用し反射を利用して撮影。
普段ならセッティングにあまり時間を割かないのですが、押しつぶされた豊満なおっぱいを同時に下からも楽しみたいがため今回はちょっと頑張ってみました (`・ω・´)キリッ



2012-0522-1

DDを自室で撮るのはいつ以来でしょう…
自分の記憶が確かならDD咲夜を買ってレビューしたときが最後だったと思います^^;

レンズはドール撮るのを理由にして買った割にサッパリ使っていないPlanar 85mm F1.4 ZAを引っ張り出してきました (ノ∀`)
これでF8まで絞っています。

ウチの照明ってフィギュア撮ることを念頭に揃えているため60cm級ドール撮るのには向いていないんですよね。
60Wの電球型蛍光灯数灯程度では全然光が回らなくて苦戦、最終的には割り切りました^^;
ただ、そんないい加減なライティングでも割と良く写っちゃうあたりさすが高いレンズなだけあるなぁと思ったり (´∀`)b


2012-0522-2

こちらは開放F1.4。
ピンが浅く軸上色収差も盛大に出て扱いきれないことが多いため開いて使うことは滅多にないのですが、やっぱりZEISSなだけあって開放から高い描写性能を発揮します。

と い う わ け で、
誰か一人くらいフィギュアドールクラスタでコシナ Planar 85mm F1.4の人柱になってくれる人いませんかね? ヾ(-_-;) オイ
いやね、前々から隣の芝生の色が凄く気になっているのですよ!

とりあえず今度ぴーちパイを清楚と認識して疑わないおっぱい紳士あたりをそそのかしてみるとしますかね~
あと、OM-DとNOKTONのレビューはよ! (リクエストされたミニポールの記事書いたんだからこっちも尻叩いていいはず (^ω^)ニッコリ)


2012-0522-12

ちなみに、手に持っているのはαミニチュアフィギュアのNEX-7。


2012-0522-17

2012-0522-16

パッケージにも書いてある通り、αcafe スペシャルフォトコンテストの景品だったりします。
α77、NEX-7の2種あり、フォトコン応募者の中からそれぞれ抽選で500名ずつにプレゼントされたものです。
で、自分はNEX-7のミニチュアに当選しました^^


2012-0522-13

2012-0522-14

DDの手に持たせられることから、スケールは1/3程度。
サイズ相応のクオリティですが各種ボタンやロゴがしっかりと再現されているため、ちゃんとNEX-7の体裁を取っています^^
贅沢を言うとレンズやEVF部はクリアパーツにして欲しかったなぁと…


2012-0522-15

E18-55mm F3.5-5.6 OSSは取り外し可能。
レンズ側は手抜きですがボディ側のマウント部はしっかりと作り込まれています。
E-mountの刻印からネジ、果てはマウント指標まで存在しているのには驚き。


2012-0522-18

ゲート跡がちょっと気になりますが、奥には撮像素子も確認できます^^

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。