スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SONY MDR-MA900

MA900-1

SONYから発売されたフルオープンエアヘッドホン MDR-MA900のレビューです。

エロゲ用のヘッドホンが欲しいなと思い立ち急遽購入をしました。
ノートPC直挿しで長時間の使用に耐え、かつ音がそこそこ良いという条件で今回は見繕ってます。

値段は秋葉原のヨドバシで19,400円+ポイント10%。
194gと軽量でフィット感が抜群に良かったのが決め手ですね。

音質は同価格帯の定評のあるもの(ゼンハイザーのHD598とかAKGのQ701並行輸入品等)と比べると劣るんじゃないかなと…
視聴した限り、MA900は良くも悪くもアッサリしていてクセのない音を出す印象を受けました。
まあ、音質に関してはアンプを噛ませて大げさなシステムにするつもりもなかったので深く考えないことにしてます。


ちなみに店頭で視聴してMA900に決めたのですが、他に下の3つの候補がありました。

1.BOSE AE2
2.AKG Q701
3.ゼンハイザー HD700

1のBOSE AE2はSONY MA900とほぼ同じ価格で、装着感もMA900と同じくらい良好でした。
ただ、長時間使うには密閉型のAE2よりオープンエアのMA900のほうが向いてるかなと思い候補から外してます。

2のAKG Q701は、かの有名なAKG K701(けいおん!で澪が使用していたり、ボークスのDD用ヘッドホンがデザインをパクっていたり)をマイナーチェンジした後継機種。
色モノ臭もしますが、半世紀以上の歴史があるオーストラリアのメーカーが製造するフラグシップ機で、高音の音質で高い評価を得ているみたいです。
並行輸入品が2万4千円程とお手頃ですし、アニメや造形物の元ネタとされるだけありデザインも秀逸。

ただ装着感が非常によろしくないと感じました…
ヘッドバンド部(のコブ)とイヤーパッド圧迫感が半端ないんですよね^^;
ヘッドホンをして音楽を聴いているという気分に浸れる反面、長時間着用するには難がありそうでした。

3は実売8万円するハイエンド機種。
ノートに直挿しで使うには勿体ないことこの上ないレベルのヘッドホンです。(HD598を検討してたら、HD598→HD650→HD700とハードルがいつの間にか上がってました)
どうせ買うなら中途半端なものではなく、いいものを最初から買ったほうがいいんじゃないかと考え候補に入れたのですが、買ったら買ったで次はいいアンプが欲しい…以下略と沼に足を突っ込む道しか待っていないような気がして自制。


MA900-2

MA900-4

MA900-5

MA900-3

SONY MDR-MA900パッケージです。
サイズは28×20×13cm。


MA900-8

シリーズの中では上位機種に当たるためか、一部の文字が金の箔押しとなっています。
SONYのデジタル一眼 αシリーズの入門用交換レンズである、はじめてレンズと同じような値段で最新ラインナップの最上位機種が買えてしまうことにビックリ。


MA900-25

MA900-10

蓋を開け、内箱を引き抜くとヘッドホン本体がお目見え。
高級感を出したくてクッションに金の布地を使用してるのだと思うのですが、これが見事に裏目に出てます。
趣味の悪さが際立っている気がしてなりません^^;


MA900-11

ちなみに、この後ろに敷き詰めてある金の布地はヘッドホン用の収納袋となっていました。


MA900-12

付属品。
先ほど述べた収納袋とマニュアル一式。


MA900-13

ヘッドホン本体。


MA900-14

ステレオミニプラグ用プラグアダプター。
ケーブル長は3mとかなり余裕のある長さとなっています。
リケーブルは不可。


MA900-6

MA900-7

特徴と仕様は上記の通り。


MA900-22

SONYらしい無駄のない洗練されたデザインだと思います^^
軽量化のためプラスチックが多用されてますが、安っぽさは感じず。
また全体的に華奢な作りとなっていますが、そこそこ剛性もあります。


MA900-16

後ろから見ると三日月状の切り欠きがあるのがわかります。
通気性の良さそうな独特のデザインです。
が、オープンエアー型の常として当然の如く音が漏れます。


MA900-20

ヘッドクッション。
本体が軽いことも相まって、頭頂部への負担はかなり少ないです。


MA900-19

MA900-18

ヘッドバンド部のアームはこのように伸縮します。


MA900-17

裏側はアームのスライド機構がムキ出しです^^;
ヘッドホンを取り外すときに気を付けないとこのスリットとネジの部分に髪が巻き込まれ、毛を毟られます orz
この点がやや残念。


MA900-23

以上、SONY MDR-MA900のレビューでした。
長時間使用しても疲れにくい軽量デザインを謳ってるだけあって装着感は素晴らしいです^^
そういった用途でヘッドホンを探している場合は、選択肢のひとつに入れていい出来かと。

音に関しては好みや環境で如何様にも変わりますし、自分自身違いがわかる程達観しているわけでもないので何とも言えません。
個人的な所感としては値段なりに鳴り、角のない綺麗な音を奏でてくれるといった印象です。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。