スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボークス ホライゾン・アリアダスト/P-01s

HORIZON-1

ボークスから発売された、モエコレ+『境界線上のホライゾン』ホライゾン・アリアダスト/P-01sのレビューです。

ヒロインなのにサッパリ立体化に恵まれない、ホライゾンの貴重なスケールフィギュア。
ほぼ同時に発表された、電撃屋版ホライゾンから遅れること1年半弱、
ようやくボークス版ホライゾンが発売されました。


HORIZON-2

HORIZON-3


HORIZON-5

HORIZON-4

前後左右から。
靡く髪を手で押さえ、儚げに佇む姿が感情の欠落したホライゾンの雰囲気を上手く再現しています。


HORIZON-7

HORIZON-6

髪はクリアパーツで、前髪越しにアイプリントが透けて見えるところに工夫を感じます。


HORIZON-9

HORIZON-8

HORIZON-10

ボリュームたっぷりのオパーイ。
でも、作中ではまだこれより上がゴロゴロいたりもするんですよね。


HORIZON-11

HORIZON-14

HORIZON-15

HORIZON-16

HORIZON-23

HORIZON-13

和風テイストなボディースーツ。
脇や腰に配された機械的な意匠から近未来的な要素も感じられます。


HORIZON-12

HORIZON-24

双丘に食い込んだ光沢感のタイツにより浮き彫りになったムッチリとしたお尻のラインが非常に艶めかしいです。
おっぱいにもいいですが、ボークスホライゾンの見どころはやはり尻かなと自分は思います。
エロい要素がたくさん詰まっていて良いです!


HORIZON-17

HORIZON-21

HORIZON-18

HORIZON-19

HORIZON-20

HORIZON-22


「画像はサンプルの為、実際の製品とは異なる場合がございます。」を地で行っていることで悪名だk…
有名なボークスのモエコレ+シリーズですが、今回もザ予想通りというか何と言うか。
一行目の商品名のところに公式のリンクを貼っているのですが、
比較するとビックリするくらい変わっているのが分かると思います。
さすが当初掲げていた「トゥルートレース方式」というシリーズのコンセプトをこっそりと抹殺しただけありますね^^;

まあ、一概に製品版で変わることが悪いとも言えませんし、顔つきはより原作寄りになったかなとも感じます。
ちなみに今回現像するに当たり、色調補正で肌の色を矯正し、トーンカーブを弄ってコントラストを上げ、
スポット修正でゴミを消しまくるという過剰な補正を行っていたりします。(察してください)

以上、ボークス モエコレ+ ホライゾン・アリアダスト/P-01sのレビューでした。

テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。