スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ねんどろいど フェイト・テスタロッサ The MOVIE 1st Ver.

DSC01901[1]

グッドスマイルカンパニーから発売された、ねんどろいど劇場版フェイトです。
なのはの時より争奪戦激しかったみたいで、自分は店頭販売している場面を全然見かけませんでした。
まあ、予約段階で1日保たずに終了していたくらいですからね^^;

パッケージです。

DSC01875[1]

これでねんどろいども99体目なんですね~
あまり集めてないので、そんなに出てるの!?といった感じです。


前面と背面から。

DSC01877[1]

DSC01881[1]

デフォルメフィギュアなのに胸や腰の部分の皺、ヘソの凹みが再現されていて妙に色っぽいです。
リボンはボールジョイント、ツインテールはねんどろジョイントで可動。
髪の毛は先端に向けてオレンジのグラデが入っています。
マントは首の胴体で挟むのですが、接続部がハの字になっていて外れやすいのが難点。
マントを保持させようとすると、どうしても顔が上を向いてしまいます。
パーツ同士が干渉しやすく、胴体、スカート、パンツも一体化しているためポージングがどうしても限定されがちです。
そして台座の保持力もいつも通り^^;


無表情顔。

DSC01890[1]

DSC01891[1]

無印フェイトが一番していた場面の多い表情のような気がします。
可愛らしいというよりクールさのほうが強いですね。


付属のアルフです。

DSC01892[1]

DSC01893[1]

首と尻尾がボールジョイントで可動します。
首のほうは恐らくねんぷちと共通規格。


バルディッシュ アックスフォーム。

DSC01950[1]

DSC01904[1]

片手持ちの場合、ややグリップが長く感じられます。


バルディッシュ サイズフォーム+叫び顔。

DSC01914[1]

DSC01912[1]

DSC01907[1]

DSC01917[1]

戦闘時の凛々しさが出ますね^^
バルディッシュは両手持ちにすると違和感なくなる印象。


目閉じ顔。

DSC01922[1]

変身シーンっぽく撮ってみました。
可愛いのですが、どう使うかで悩みます。


ジュエルシード回収をイメージして。

DSC01929[1]


以下適当に。

DSC01924[1]

DSC01926[1]

DSC01927[1]


お手。
DSC01932[1]


騎乗させてみました。

DSC01933[1]

DSC01941[1]

けっこうバランス取るのが難しく、撮影中転げ落ちないか冷や冷やしました^^;
三○無双の武将みたいだなぁと思ったり。


アクションフィギュアとしての側面から見ると酷評だらけになってしまいますが、原型レベルでの完成度は高いと思います。
フェイトらしさも良く出ていますし。
…やはりねんどろいどシリーズはデフォルメフィギュアと認識した方がいいのですかねぇ^^;

テーマ : 美少女フィギュア
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。