スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンダイ 超合金新ブランド発表会 レポート

DSC06614[1]

5月18日(火)にバンダイ本社ビルで開催の超合金新ブランド発表会&8・9月内覧会ブロガー募集に応募した結果、当選したので行ってきました。

それほど経験しているわけでもありませんが、イベント撮影は何度行っても難しいと感じます。
撮りたいものなんて数えたらキリがありませんし、その撮影を限られた時間内でこなしていくわけです。
まあそれだけで済めばいいのですが、帰って確認したらブレてたりピントが狙った所に合ってなかったりする写真が量産されていることもしばしば…
しまったと思った時にはもう後の祭りでやり直しが効かないところも辛いところなんですよね。
やはり最終的には経験がものをいってくるのでしょうが、ないものねだりしてもしょうがないということでイベントレポートしていきたいと思います。
DSC06240[1]

DSC06247[1]

開催場所は浅草にあるバンダイ本社ビル。
招待されたブロガーの数は約20人、マスコミ関係者含め全体で80人程度といったところ。
予想していたより少なかったです。

現地に着いて誰か知っている方いないかなぁと周囲を見てたら、見覚えのある顔を発見。
まあ、いるべくしている方というか…頼れるイベントレポのプロことアキホビのお兄さんでした!

そんなわけで、マスコミや玩具業界の方々も多数来場する、発表会の模様をブログに公開するのを強制するようなことはございませんと注意事項に書いてあったので、全体のレポは自分が出て行かなくてもいいんだなぁと安心しつつ、いつものように対象の偏った撮影をして来ました!


以下内覧会、新ブランド発表会での展示品の写真撮影が可能とのことだったので以下その画像です。

DSC06257[1]


COMPOSITE Ver.Ka ランスロット・アルビオン

DSC06298[1]

DSC06625[1]

DSC06627[1]

DSC06310[1]

DSC06306[1]

これは予約済。
カトキさんのデザインと見事なまでにマッチしてます。
各部の装飾とマーキングにより騎士のような雰囲気が出ていてかっこいいです。


COMPOSITE Ver.Ka グレンラガン

DSC06299[1]

かなりボリュームありましたが、ギガドリルはどうパッケージに封入されるんでしょうか。


GFFN フルアーマーユニコーンガンダム

DSC06356[1]

重装備で見ごたえありました。


ULTRA-ACT ゴモラ

DSC06326[1]

DSC06513[1]

DSC06507[1]

DSC06318[1]

DSC06319[1]

予想外の不意打ち。
ゴモラ自体別段好きというわけではないのですが、肌の造形が非常に細かく腹部の凹凸や皺の表現に目を惹かれました。
また関節の部も違和感なく処理されていて、出たら買ってみようかなと思わせる存在感がありました。


ROBOT魂 ストライクフリーダムガンダム

DSC06282[1]

横に場所取りそうですが、かなりかっこ良くまとまってるなと感じました。
ドラグーン展開時の支柱は初回限定封入、エフェクトと台座は魂ウェブでの取り扱いみたいです。


ROBOT魂 ターンエーガンダム(ナノスキンフィニッシュVer.)

DSC06370[1]

通常版よりやや値が張るものの、銀色のボディが綺麗です。


ROBOT魂 ボン太くん(実戦装備仕様)

DSC06378[1]

狙撃態勢で展示してあったので。


ROBOT魂 エヴァ弐号機、ガンダムF91

DSC06419[1]

DSC06418[1]


既に発売済みですが、ポージングが上手いと思ったので新作そっちのけで載せてみました。
アクションフィギュアは可動範囲が広ければ広いほど表現の幅も増えて楽しいですよね。
反面、気負いすぎると撮影する気力が起きなくなってくるのが困りもの(笑)


DX超合金 ケーニッヒ・モンスター

DSC06392[1]

DSC06387[1]

マクロスFのケーニッヒ・モンスターと言えば印象的なノーズアート真っ先に思い浮かぶ自分。
水転写式デカールのようでしたが、SP Ver.では印刷になるそうです。


VF HI-METAL VF-19S ブレイザーバルキリー

DSC06408[1]

DSC06409[1]

脚部ミサイルの展開状態の再現も出来るみたいです。


FORMANIA サザビー

DSC06264[1]

DSC06493[1]

DSC06498[1]

DSC06494[1]

DSC06490[1]

DSC06278[1]

こういった胸像もディテールが細かいので撮っていて楽しいです。
個人的な趣味により一部かなり明るめに撮ったりしてます。
改めてちゃんとした環境で撮影してみたいとも思いましたが値段の都合回収するかどうかは不明。
モノアイは発光状態のも欲しいなぁと思ったり。


超合金魂 飛影&黒獅子

DSC06431[1]

DSC06427[1]

DSC06346[1]

DSC06629[1]

変形機構重視の飛影と黒獅子。


超合金魂 飛影&鳳雷鷹

DSC06340[1]

DSC06342[1]

DSC06349[1]

DSC06444[1]

DSC06437[1]

DSC06436[1]

DSC06442[1]

DSC06447[1]

プロポーションとアクション重視の飛影ことバリ影と鳳雷鷹。
バリ影の設計は「変態的造形力」&「変態的設計力」に定評があり、ROBOT魂エヴァ弐号機&初号機、魂SPECドラグナー&ファルゲン、調合金魂ガンバスターの設計もされている坂埜さん!(で合っているはず…)

関節機構やメカデザインのアプローチの仕方が秀逸で、基本的に自分は無条件買いしてたりします。
所謂、美少女フィギュア等でよくやる原型師買いというやつです。
スレンダーかつシャープな造形で、見栄えが非常に良いです。
可動箇所も多そうでした。


今回、自分はランスロット・アルビオン、サザビー、そしてバリ影を撮りに行ったようなものです。
なのでスーパーロボット超合金についてはサックリと紹介。

DSC06569[1]

DSC06623[1]

DSC06609[1]

DSC06621[1]

超合金魂をダウンサイジングして低価格し、コレクション性を高めた超合金新ブランドだそうです。
可動範囲を広げつつ、エフェクトパーツとオプションパーツを充実させ可動とディスプレイを両立させた合金トイといった印象。
またラインナップも豊富みたいです。

サイズ、価格帯ともにROBOT魂と競合するような気もするので、両方買うとなると資金が厳しいことになりそう…
まあ、自分は坂埜さんが動いたら買うということで。
とりあえずROBOT魂でもいいのでバイカンフーあたり見てみたいです。

テーマ : 趣味と日記
ジャンル : 趣味・実用

コメント

非公開コメント

カテゴリ
リンク
プロフィール
Author:葉月
フィギュア、オーディオ、カメラ、PCゲーム、秋葉原好きな趣味人。
  • twitter
  • flickr
  • 撮影機器
    ・ボディ
    SONY α99
    SONY RX100Ⅱ

    ・レンズ
    SONY V-S 24-70mm ZA
    SONY Planar 85mm ZA
    SONY 100mm MACRO
    SONY 135mm STF

    ・フラッシュ
    SONY HVL-F60M
    オーディオ機器
    ・スピーカー
    B&W 805SD Lim

    ・アンプ
    LUXMAN M-900u
    LUXMAN C-900u

    ・プレイヤー
    LUXMAN D-08u
    SONY VAIO Z
    検索フォーム
    魔女と剣と千の月
    はるるみなもに!
    【はるるみなもに!】情報ページ公開中!
    ロロログHS
    Hearts『ナツイロココロログ Happy Summer』応援中です!
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。